自己チェックが可能なうつ病【診断方法はWEBでチェック】

笑顔

自己チェックをして病院へ

頭を抱えている人

遺伝や性格的要素も関連

うつ病は、たとえその病気のために体に影響が出ている場合でも、血液検査等では診断することのできない病気です。そのためうつ病の診断には、患者に対する問診が重要な判断要素となります。うつ病を発症する患者は、遺伝的にうつ病になりやすい要素を持っていることがあります。また、生来の性格が几帳面でまじめだとか、神経質で物事にこだわりやすいというような場合、うつ病を発症しやすいと言われています。そのようなタイプの人は、仕事や学業などが順調なときは非常に有能で、問題なく人生を歩んでいるように見えますが、いったん何かのきっかけで歯車が狂い出すと、対応できなくなり精神的に行き詰まってしまうのです。このようないわばベースとなる遺伝的素質や性格などの土壌に加えて、親しい人との死別や配偶者との離婚、職場や住居を変わったことによって生じたストレスなどのきっかけがあって初めてうつ病を発症し、その診断がつけられます。医師からうつ病と診断された患者は、もともとまじめな性格の人が多いだけに元の状態に戻らなくてはと焦りがちですが、うつ病が発症するまでにはそれ相応の時間や段階を経てきているのですから、けっして焦らずまずは医師の指示に従って治療に専念することが大切です。

まずは自分でチェックする

うつ病と病院で診断を受ける前に、まず自分でできるうつ病自己診断法をためしてみることもできます。このような診断項目は、精神保健に関連する各種のウェブサイト上でも多数公開されていますので、受診の前にチェックしてみるとよいでしょう。そのチェック項目とは、だいたい次のようなものです。まず、体調についてです。朝起きたときからすでに元気が出ないとか、病気というわけではないはずなのに毎日のようにだるくてしんどいというような症状があるかどうかを見ます。朝一番や午前中の方が、夕方よりも調子がよいということも、うつ病の典型的な症状です。不眠が続いているとか、頭痛が頻繁に起こる、あるいは最近になってやたらと肩が凝るようになったというようなことも、うつ病ではよくみられます。それから、自分の趣味について考えてみて、楽しいはずの趣味なのに楽しもうという気分になれない場合も、うつ病である可能性があります。何事にも関心が薄れ、食欲がなくなったり、テレビを見る気になれなくなったりすることもあります。こうした状態があるかどうかについて、自己診断法ではその頻度と合わせて尋ねられます。この結果を携えて病院を受診すれば、医師の診断に際しても大いに参考となるでしょう。

精神病の区別は困難です

悩んでいる人

うつ病の診断は、患者の症状や状態に焦点を充てた、アメリカ精神医学会の基準「DMS-5」というものがよく利用されています。問診では、症状以外にも性格や環境、病歴についても問われ、治療方針に役立てます。精神科や心療内科を初めて訪問する方は気が気でないかもしれません。ご家族の協力をぜひ得てください。

Read More...

早期発見が回復が早い

女医

早期に専門の精神科等に行く事でうつの診断を受けることが出来ます。その時は本人は気がついていない事が多いのです。落ち込みやすいことは自覚しているのです。そのことを専門家に相談することで解決することになります。

Read More...

理解が進み患者が顕在化

男性医師

うつ病などの精神疾患はストレス社会の拡大と共に依然と比べて症状に対する理解が進み、周囲の人々や組織の精神疾患に対する許容度も増えたため、精神疾患と診断される患者数が増加傾向にあります。精神疾患の治癒のために大切なことは精神疾患を疑われる症状が発症した際に、早期に専門医院を受診することです。

Read More...

心の病の現代病

男性

うつ病は現代の心の病気として社会的問題になっています。うつ病の特徴としてほかの人に頼れないと医師の治療や診断などを拒む修正がありますが、この壁を乗り越えてこそ完治に向かうものです。そのため症状を感じたら祖嘔気診断が必要なのです。

Read More...