自己チェックが可能なうつ病【診断方法はWEBでチェック】

男性

心の病の現代病

男性

症状の軽いうちに病院へ

うつ病は社会的な問題にもなっている病気の一つでもあり心の病でもあります。複雑に入り組む人間関係や仕事での成功など社会人に課せられた課題は多く、長期にわたってそれを全うしようと真面目に取り組めば取り組むほど精神的なストレスとなっていき最終的にうつ病へと発展してしますのです。家族や趣味などストレスを日ごろから発散できる生活を送ることができ、仕事と休日の区切りをきちんとつけていればうつ病になるケースは少ないのですが、仕事一筋という人がかかってしまう病気でもあります。うつ病に関してはインターネットンにも情報が多くあふれていますが、ここで自己判断してしまうとうつを長期化し重症化させてしまう危険性があります。そのためインターネットでは情報収集や、セルフチェックを行う程度にしておき、不安を感じる場合には早期に医師に相談することをおすすめします。うつ病は周りの人からはわかってもらいにくい病気です。そのため、自己申告がすべてとなります。もし自分がそれを見逃すようなことがあれば、うつ病を重症化させてしまい社会復帰をも難しくさせてしまう可能性もあるのです。そのためうつかもしれないと感じた場合には、恥ずかしがらずに医師の診断を仰ぐのがベストです。

医師へ頼ることが大事

うつの病院での診断は心療内科で行われます。心と体の病を扱う心療内科では、問診を中心として体に異変が生じている心の原因を特定し、休養や薬による治療を行います。最初は診断を受けるのが不安ですが、医師とコミュニケーションがとれるようになるにつれてうつの症状も和らいできます。いずれにしても早期解決を目的として症状の軽いうちに医師に診断してもらうことで社会に影響を与えずに済みます。心療内科での問診は日常の出来事や不安ごとについて質問されるケースが多く、生活がどのように変わったのか、いつ頃から気になるようになったのか、身の回りや環境への変化についても聞かれます。性格や趣味、思考についても聞かれますが、できる限り本音を出していくことが早期解決の近道です。自分を着飾ろうとしても治療方針が揺らぐだけで何もメリットはありません。うつ病の治療は風邪などの治療と異なり数日で完治するようなものではありません。数週間から数か月じっくりと時間をかけて治療していくものです。もともとうつ病の人に大事なのは休養ですので、治療を急ぐことは逆効果であるともいわれています。うつ病の特徴としてほかの人に頼れないという根本的な考え方がありますが医師に対してそれを払しょくすることが第一歩です。