自己チェックが可能なうつ病【診断方法はWEBでチェック】

男性

精神病の区別は困難です

悩んでいる人

DSM-5という基準

うつ病の診断は、従来から大変複雑で、誤診も少なくないと言われてきました。適応障害やパニック障害などの不安障害や、発達障害、うつと躁を繰り返す双極性障害など症状が似た病気も少なくありません。とくに躁状態が短く、うつの状態が長く続くパターンの双極性障害とうつ病の違いは困難を極めます。最近では、うつ病の診断を本人の性格や家庭環境、社会環境を考慮しないで、現在患者さんがもっている症状のみを判断基準として、うつかどうかを判断する方法が主流となっています。アメリカの精神医学会が開発した「DSM-5」という診断基準です。この診断には9つの基準が設けられ、5つ以上該当するかどうかで判断を行います。まずはじめに、抑うつ状態かどうかです。そして、興味や喜びを喪失した状態かどうかとなっています。また、食欲がない、不眠や睡眠過多、行動が鈍い無気力、罪悪感を抱く、集中力や判断力が乏しい、死への反復試行があるなどの項目のうち5つに該当し、2週間以上ほぼ毎日この状態が続いた場合は、うつ病と診断されます。この診断基準は困難なうつ病の診断を明確かつ簡略化した点が評価されています。ご自身でも診断できるように工夫されていますので、「うつかも」と思ったならば自己診断を行ってみてください。

問診の内容

先ほどの診断基準では、症状に注目した診断を行い、本人の性格や家庭環境、労働環境などの社会環境は考慮されないと記載しました。しかしながら、実際に精神科や心療内科で医師の問診にかかった場合には、まず間違いなくこれらの情報は問われることとなります。理由は、治療方針を立てるためです。性格に問題があるのであれば、心理学やマイナス思考を治す方法を教えることも考える必要が出てきます。家庭環境や労働環境が良くない場合は、それを改善する必要が出てきます。いずれかにも問題があれば、再発の可能性が高くなるからです。また、家族の協力の有無は、うつ病を乗り越えるためには必須となります。どの家族がキーとなるのかなど、問診では必ず問われます。診断の観点と治療の観点から、問診で問われる内容は、大体以下のとおりです。1.最も困っている症状について、いつからおこり、どのような経過をたどってきたのかをたどります。2.性格や考え方を確認して、うつ病の種類を特定したり、治療方針を立てるために役立てます。3.病歴について確認し、薬の使用が行えるかどうか、使用する薬の特定を行います。4.家庭環境や社会環境について確認して、発症の原因を特定していきます。その他にも心理検査や脳の血流をみてうつ病の更なる分類を行うケースもあります。いずれにせようつの疑いで、初めて病院を訪問する場合は、気が気でないという方もいらっしゃると思います。ぜひご家族の協力を得ましょう。うつ病の診断は、患者の症状や状態に焦点を充てた、アメリカ精神医学会の基準「DMS-5」というものがよく利用されています。問診では、症状以外にも性格や環境、病歴についても問われ、治療方針に役立てます。精神科や心療内科を初めて訪問する方は気が気でないかもしれません。ご家族の協力をぜひ得てください。