自己チェックが可能なうつ病【診断方法はWEBでチェック】

男性

早期発見が回復が早い

女医

気がつかない異変に注意

うつの診断を早期に受けることは将来を考えると必要なことです。うつになっていても気がつかない場合が多いからです。その診断をうけておくとどのようにすれば現在の症状の治療方法がわかります。うつの診断に必要な診療科は精神科か心療内科です。心理状態を検査することで早期に発見が可能になるのです。うつの診断をうけるとなると本人だけでは決心がつかないものです。この時は周りの人が協力することが大切になるのです。周りが一番早く異変がわかります。そのことを本人にどの様に話をすることが特徴的な問題です。相手を傷付けない様にどの様な状態に見えるのかを説明すると本人は気がつきます。普段から落ち込みやすい傾向であればそのことを相談できる場であることを説明します。専門の医師に相談すると落ち込みやすいことをだれよりも早く解決してくれます。精神疾患を患っている人は、病気を患っていることに気がついていない場合がほとんどで、自ら医療機関へ行こうと考えません。しかし、通院のメリットを伝えると相手は納得して精神科を受診してくれるでしょう。うつの診断を受ける事で今まで悩んでいた内容を医師やカウンセラーに話せます。その悩みの原因を解決することになるのです。落ち込みやすいといことは症状の一つだからです。自分だけでは解決できない事が悩みとなり体に負担がきているのです。この状態を回復させることが出来るのが専門家になります。

追い詰める言葉を使わない

しかし、注意点があります。それは、うつの診断を早期に受けさせたいと言う気持ちから本人に向かって急がせる言動は避けないといけない点です。例えば今いかないと後からは大変なことになるなど危機感を感じさせる言葉をつかうといつもより考え込んでしまうものです。また仕事を続けられるか一番気にしています。このことは医師が説明します。出来るだけ、「心配しているから」とか受診を勧める周りの人の「考え過ぎかも知れない」などいう声掛けが患者を安心させます。安心させてあげることが周りの役割であり、注意をすべき事です。辛い思いをしているのは本人なのです。そのことを理解していることを伝える事が重要です。孤独を感じやすいことから受診に行く事を渋っていた本人にとっては信用できる周りの人の勧めが一番効果があるのです。一人で受診は行きたいと思うものです。これは相手に気持ちの弱い部分を知られたくないという気持ちがあるからです。この時はネットで検索して良いと思えるクリニックなどを勧めるだけで十分なのです。本人から一人では不安だという事であれば付き添ってもいいか同意を得て一緒に受診することがポイントです。あくまでも本人の気持ちを尊重して接することが大切なのです。